産廃処理機械を利用して現場作業もスムーズ!万能マシン研究所

作業員

資源活用のため分ける

廃棄物

産業廃棄物は安全に処理されなければなりません。資源にも活用できるので、産業廃棄物が発生した時はできるだけ種類別に細かく分ける必要があります。機械があれば人の手で分けるよりもより効率的にできるので、建設現場や土木作業現場では産廃処理用の機械が必要不可欠になっているのです。
建設現場ではより安全に建物を建設するため、一度土壌を掘り起こす必要があります。また、そこに建物が建築されていれば、建築物を取り壊さなければなりません。建築物の中にはいろんな資材が使われています。木やコンクリート、鉄筋などがその代表例となります。建築物に含まれているガラスや蛍光灯などは建築物を取り壊す前に人の手で分別していきますが、建築物そのものを取り壊すときにはより分けずに一気に壊していくのです。その際に鉄筋とコンクリートは混ざっていくので、できるだけ産廃処理の機器で選り分ける必要があります。

産廃処理の機器には砕くもの、切るもの、運ぶもの、分けるものがあります。その中でも振動フルイ機は分けるものに属しています。フルイ機にはそこにいれた土砂や砕石を大きさ別に分ける機能が含まれています。土砂や砕石には小さな粒子と大きな塊で構成されたものがあります。砕石の粒子をあらかじめ分けておけば、細かい土はすぐに再生土にすることができますし、大きな石はさらに細かい土に分けるか、コンクリートに混ぜる中間の組織としての役割のためそのまま使われることになるのです。こういった産廃処理によってより資源が有効活用されていきます。